むーにーまん/健康オタク

ボディービル大会に出場後、食の素晴らしさに気づいたマッチョが語る食材の"チカラ"

塩と健康②

どーも。
むーにーまんです!!

今回は『 塩と健康② 』についてです。

先に結論言っちゃいますね。

塩の種類にはこだわったほうがいいです!


今回は、『塩の種類』『注意すべき点』をご説明します。普段使っている塩がどれなのか、ぜひチェックしてくださいね!!

まずは、良い塩・悪い塩をご紹介致します。

【塩の種類】

[悪い塩]
●精製塩
精製塩とは、「食塩」や「食卓塩」などとして売られている塩のことを指します。その名の通り精製された塩で、純度の高いもののこといいます。
精製塩は、99%を化学物質である塩化ナトリウムが占めています。製造過程で、海水を精製する際に、塩化ナトリウムだけを取り出しているため、主成分が塩化ナトリウムなのです。
そのため、海水に含まれている微量なミネラル分は、製造過程で切り捨てられてしまっています。

[良い塩]
●天然塩(自然塩)
天然塩とは、精製塩ではない塩を指します。精製されていない、自然な方法で作られた塩です。
天然塩の多くは、塩味の中にほんのり甘味も感じられるのが特徴です。自然な製造方法のため、塩化ナトリウムの他にも、塩化カルシウム塩化マグネシウム、塩化カリウムなどの天然のミネラル分をバランス良く含んでいます。

次は、塩の注意すべき点をご紹介致します。

【注意すべき点】
●精製塩
塩が高血圧を招くリスクの高い食品だと思っている人が多くいますが、実はそれは間違いです。高血圧を招くのは「食塩=精製塩」であって、「塩」そのものではないのです。ではなぜ、精製塩は高血圧を招くリスクが高いのでしょうか。
精製塩は、99%塩化ナトリウムです。ナトリウムは、人の身体に必要なミネラルの一種です。体内では、ナトリウムのほとんどが細胞外液という、細胞の外にある体液中に含まれています。そこでは、浸透圧を調整して、細胞外液の量を保つなどの役割を担っています。これにより、身体の水分を調整し、脱水などを予防しているのです。
健康な人では、ナトリウムが欠乏することはほとんどありません。摂りすぎることで、むくみや口の渇き、高血圧、胃がん食道がんのリスクを高めることが報告されています。
ナトリウムと一緒にカリウムを摂ることで、ナトリウムを身体の外に出しやすくする作用があります。カリウムは、ほとんどが細胞内液に含まれています。細胞内液の浸透圧を調整して一定に保つ働きがあります。

精製塩は、ナトリウム以外のミネラルが製造過程で切り捨てられているので、カリウムなどが一緒に身体に入りません。そのため、高血圧を招くリスクが高くなってしまうのです。

ミネラルは、健康維持に必要不可欠です。塩化ナトリウムと他のミネラルをバランス良く摂取することで、高血圧を誘発するリスクが低くなります。 以上が『塩の種類』『注意すべき点』でした。

このブログでは、◯◯◯と健康をテーマに情報発信をしています。
健康維持やダイエットにご興味のある方は、参考にしてみてください。

以上、むーにーまんでした!!



塩と健康①

どーも。
むーにーまんです!!

今回は『 塩と健康① 』についてです。

先に結論言っちゃいますわ。。。

塩と健康は切っても切り離せない関係です!
塩がなくては身体はあっという間にダウンしてしまいます。


今回は、『なぜ塩が必要なのか』『注意すべき点』を説明していきます。

まずは、『なぜ塩が必要なのか』をご紹介致します。

【なぜ必要??】
① 細胞を正常に保つ
→ 細胞の内と外との体液の圧力(浸透圧)を調整し、バランスを一定に保つ働きをしています。

② 神経や筋肉の働きの調整
→人間が身体を動かす時、脳からの命令が電気信号として神経細胞を伝わっていきます。この電気信号を伝える働きをするのが、塩の成分であるナトリウムイオンです。塩が不足するとこの伝達がうまくいかなくなるので、体調不良などを引き起こします。

③ 食欲や味覚の正常化
→ 適切な塩味は食欲を増進させます。また塩味の刺激によって、おいしさを感じる正常な味覚が保たれています。あまりに塩気のない食事を続けると、ナトリウムや塩素の不足によって引き起こされる実際の問題に加えて、味覚もにぶくなるため食欲も落ちてしまいます。

次は塩を摂りすぎる際の『注意すべき点』をご紹介致します。

【注意すべき点】
① 高血圧や動脈硬化により、血管の病気を招くことがある。
→ 塩分を摂り過ぎると、血液中の塩分濃度が高くなり、それを下げるために水分を多くため込むようになります。その結果、血液量が増えて血管がパンパンになり、大量の血液を流すために血管壁に高い圧力が加わるようになります。

② 腎臓病・尿路結石・骨粗鬆症を招くことがある。
→ 腎臓は体内の余分な塩分や老廃物を濾過して尿をつくる働きをしているため、塩分を摂り過ぎると腎臓に過度の負担がかかります。この状態が続くと、腎臓の働きが慢性的に低下する「慢性腎臓病」を起こします。

胃がん
→ 塩分の多い食品を食べると胃の粘膜がダメージを受けやすくなるため、胃炎になりやすくなり、発がん性物質の影響を受けやすくなることが原因と考えられています。

厚生労働省は「適正な食塩摂取量」として、健康な人の場合、「成人1 日10 グラム以下が望ましい」と発表しています。以上が『なぜ塩が必要なのか』『注意すべき点』でした。


このブログでは、◯◯◯と健康をテーマに情報発信をしています。
健康維持やダイエットにご興味のある方は、参考にしてみてください。

以上、むーにーまんでした!!

汗と健康

どーも。
むーにーまんです!!

今回は『 汗と健康 』についてです。

先に結論言っちゃいますわ。。。

汗かかない人、健康状態悪いので絶対コレ見てください!!!


今回は、『汗の何が健康に関係しているのか』『汗をかかないことの注意点』をご説明させていただきますので、そういえば汗中々出ないな……と思われている方はぜひチェックしてくださいね!!

まずは『汗の何が健康に関係しているのか』をご紹介致します。

「不要なもの」として扱われることもある汗ですが、実際には私たちの美容や健康には汗が大きく貢献しています。生命維持の観点からも私たちにとってなくてはならないものなのです。具体的な発汗による健康との関係は、次のようなものが挙げられます。

【健康との関係】
①体内の不要な老廃物や毒素を排出する
②余分な水分を排出し、むくみを解消する
③汗に含まれる成分で、皮膚を保湿する
④体温を調節し、熱中症を予防する

次は汗を『かかないことの注意点』をご紹介致します。

服が臭くなったり、身体がベタつくことから、なるべく汗はかきたくないと思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、汗には重要な役割があり、むしろ汗が出なければ大きなトラブルにつながりかねないです。

【注意すべき点】
熱中症の恐れがある
熱中症を予防するには、涼しい服装を心がけ、適度な水分補給を行うことが大切です。また、気温が高いときは無理な運動は控えましょう。

②ストレスや疲れなどから自律神経の機能に異常が生じている
→ ストレスや疲れ、睡眠不足などを避けて規則正しい生活をすることが大切です。日ごろから休息や睡眠の時間をしっかり確保し、熱中できる趣味やリラックスできる時間を作るなどして、ストレスを解消する方法を見つけましょう。

以上が『汗の何が健康に関係しているのか』『汗をかかないことの注意点』でした。

このブログでは、◯◯◯と健康をテーマに情報発信をしています。
健康維持やダイエットにご興味のある方は、参考にしてみてください。

以上、むーにーまんでした!!



大豆と健康

どーも。
むーにーまんです!!

今回は『 大豆と健康 』についてです。

先に結論言っちゃいますわ。。。

大豆はめっちゃオススメです!!


大豆からできている代表的な食べ物って意外とあるんですよね。

・大豆モヤシ ・納豆 ・おから ・湯葉
・豆乳 ・油揚げ ・豆腐 ・枝豆 ・味噌
・きな粉 等……


今回は、そんな"大豆"の、

■健康効果
■注意すべき点

をご説明させていただきます。
これから"大豆"を取り入れようと思ってる方はぜひチェックしてくださいね!!まずは"大豆"の健康効果をご紹介致します。

【健康に良い点】
コレステロール値を下げる
更年期障害の症状を改善
③集中力を高める
骨粗しょう症の予防
⑤美肌効果

最新の栄養学でも"大豆"は注目されています。アメリカ合衆国政府が発表した、ガン予防に効果があると考えられる食品「デザイナーフーズ」のうち、大豆は最も有効とされる8種類の野菜の中に挙げられています。残りの7種類は、にんにく・キャベツ・しょうが・にんじん・セロリ・甘草・バースニップです。


次は"大豆"を食べる際の注意点をご紹介致します。

【注意すべき点】
特に注意すべき点なんてもんはないのですが、強いて言えば食べ過ぎるといいことはないです。
①下痢
②腹痛
③女性ホルモンのバランスを崩してしまう

以上が"大豆"の健康効果と注意すべき点でした。

このブログでは、◯◯◯と健康をテーマに情報発信をしています。
健康維持やダイエットにご興味のある方は、参考にしてみてください。

以上、むーにーまんでした!!



農薬と健康

どーも。
むーにーまんです!!

今回は『 農薬と健康 』についてです。

農薬って身体に悪いとは聞くけど、どんな影響があるかはわからない方、意外と多いのではないでしょうか??

先に結論言っちゃいます。
農薬は身体に悪影響を及ぼします!!

今回は『どんな影響があるのか』『農薬が多い食べ物ワースト10』についてご説明させていただきますので、ぜひ今後の生活の参考になれば幸いです。

以下、農薬を『残留農薬』という言葉に変えてお伝えいたします。
残留農薬』は、農作物に残っている農薬のことです。 この残留農薬には、残留基準がそれぞれ定められていて、 この基準を超えた物の流通は禁止されています。 農薬は、使用できる作物、使用量・濃度、使用時期、使用回数などが決まっていて、生産者はこれらを守らなけれ ばなりません。

まずは『どんな影響があるのか』についてご紹介致します。

【どんな影響が??】
農薬が残った状態の食材を食べ続けることで、体には様々な影響が現れるようになります。
①めまい
②吐き気
③皮膚のかぶれ
④発熱
⑤喉の渇き
など

次は、残留農薬が多い食べ物ランキングの発表です!!

【ワースト10】

第10位 セロリ

第9位 トマト

第8位 ナシ

第7位 サクランボ

第6位 モモ

第5位 ブドウ

第4位 リンゴ

第3位 ネクタリン

第2位 ホウレンソウ

第1位 イチゴ

なんとイチゴが1番残留農薬が多い食べ物なんですよね!!
あんな皆んなから愛されているのにビックリですよね。。。

以上が残留農薬が『人体に及ぼす影響』と『多いランキングワースト10』でした。


このブログでは、◯◯◯と健康をテーマに情報発信をしています。
健康維持やダイエットにご興味のある方は、参考にしてみてください。

以上、むーにーまんでした!!



筋トレと健康

どーも。
むーにーまんです!!

今回は『 筋トレと健康 』についてです。

もうこれは言わなくても、皆さん察してると思いますが「筋トレ」って健康に悪いイメージありますか??

先に結論言っちゃいます。
筋トレは身体にめちゃくちゃ良いです!!

しかし、良いことだけではなく気をつけなければいけない点もあります。
今回は『筋トレをすることによって得られること 』、『筋トレをやる上で注意すべきこと』についてご説明させていただきますので、これから筋トレをやろうとと思ってる方はぜひチェックしてくださいね!まずは筋トレをすることによって得られることのメリットをご紹介致します。

【得られること】
①理想の体型になれる
継続してトレーニングを続けていけば、おのずと体型や見た目が変わってきます。
筋肉量が増えることによって、筋肉をつけたいところには筋肉がつき、引き締めたいところは引き締まり、メリハリのあるボディになれます。

基礎代謝が上がる
レーニングで筋肉量が増えることで、基礎代謝量がアップします。
基礎代謝が上がるとエネルギーを使って脂肪を燃焼しやすい体になるため、痩せやすい体質になるだけでなく、肌がキレイになるなど美容面にもよい影響があります。

③ホルモンの働きがよくなる
筋トレを行うと「成長ホルモン」が分泌されます。これは「若返りホルモン」ともいわれ、脂肪の分解を助けてくれたり、免疫力を高めてくれたり、肌の調子がよくなったりします。

④気持ちが上向きになる
筋トレをおこなうことで、「ドーパミン」や「テストステロン」といったホルモンが分泌されたり、継続的にトレーニングを続けていくと、不安感やネガティブな思考を軽減できるといわれており、まさにポジティブな気持ちになってくるのです。

次は筋トレをする上での注意点をご紹介致します。

【注意点】
①毎日行う必要はない
筋トレを行うと、非常に疲れが溜まります。休息を取らないと疲れが取れなかったり、ケガをしたりするでしょう。

②筋肉痛があるときは控える
筋肉痛がある状態で、トレーニングをしても通常の負荷をかけられず、十分に鍛えられないです。さらに筋肉痛を悪化させることになり、日常生活に影響が出る可能性も考えられます。

③食事・睡眠をしっかりとる
筋トレをしっかりやったとしても、食事・睡眠がとれていなければ体調も悪くなりますし、筋肉も育ちません。身体に合った食事と、6〜7時間の適度な睡眠時間を確保して筋トレをやるようにしましょう。食事・睡眠もトレーニングの一環です。

以上が筋トレをすることで得られること、注意すべきことを食べることでした。

このブログでは、◯◯◯と健康をテーマに情報発信をしています。
健康維持やダイエットにご興味のある方は、参考にしてみてください。

以上、むーにーまんでした!!



基礎代謝と健康

どーも。 むーにーまんです!!

今回は『 基礎代謝と健康 』についてです。 基礎代謝って体育・保健の授業で聞いたけどなんだったっけ?と思われている方は意外と多いのではないでしょうか??

先に結論言っちゃいます。 基礎代謝と健康は切って離せない密接な関わりがあります。 
今回は『基礎代謝が下がる原因とは??』『基礎代謝が下がるとどうなる??』についてご説明していきます!! さっそくですが、まずは『基礎代謝はざ下がる原因とは??』についてご紹介致します。

そもそも基礎代謝とはなんぞや? と思われている方もいると思いますので、簡単にご説明させていただきます。

基礎代謝とは、生命活動を維持するために生体で自動的に行われている活動における必要最低限のエネルギーのことをいいます。もっと分かりやすく言うと、椅子に座ったまま呼吸してても消費されるカロリーです。

[およその基礎代謝量]※日本医師会参照 ●女性 18〜29歳・・・1110kcal 30〜49歳・・・1160kcal 50〜64歳・・・1110kcal

●男性 18〜29歳・・・1530kcal 30〜49歳・・・1530kcal 50〜64歳・・・ 1480kcal

基礎代謝が下がる原因】 ①加齢 加齢に伴って筋肉量は減少し、臓器の活動量も低下して全身の基礎代謝が下がってしまいます。

②不規則な生活 暴飲暴食や生活習慣の乱れ、ストレスが続くと自律神経が乱れて基礎代謝が徐々に低下します。

③過度な食事制限 極端なダイエットや偏った食事をすると、体に必要な栄養素が足りなくなって筋肉が減ってしまい基礎代謝が低下します。次は『基礎代謝が下がるとどうなる??』についてご紹介します。

基礎代謝が下がるとどうなる?】 基礎代謝が低いと、摂取した栄養素がエネルギーとして使われずに余るようになり、脂肪に変わって体に蓄積されていきます。その他下記のようなことが起こります。 ①冷え性 ②低血圧 ③低体温 ④疲れやすい ⑤肌荒れ ⑥便秘 など………以上が『基礎代謝が下がる原因』と『下がるとどうなるのか』についてでした。

このブログでは、◯◯◯と健康をテーマに情報発信をしています。 健康維持やダイエットにご興味のある方は、参考にしてみてください。

以上、むーにーまんでした!!