むーにーまん/健康オタク

ボディービル大会に出場後、食の素晴らしさに気づいたマッチョが語る食材の"チカラ"

ミトコンドリアと健康

どーも。
むーにーまんです!!

今回は『 ミトコンドリアと健康 』についてです。

もしかしたら、このブログで投稿する中で最上級に大事なことです!!

でもミトコンドリアってなに???と思われている方がほとんどではないでしょうか??

先に結論言っちゃいます。
ミトコンドリアはこの世に存在する生物という大きな枠で見ても、健康とは切って離せない存在です。

今まではメリット・デメリットとご説明してきましたが、ミトコンドリアを活性化させることはメリットしかありません。

今回は「ミトコンドリアってなに??」「ミトコンドリアをなぜ活性化させた方がいいのか」についてご説明させていただきますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

まずは「ミトコンドリアとは??」についてご紹介致します。

ミトコンドリアとは??】
ミトコンドリアは細胞の中に存在し、活動エネルギーとなるアデノシン3リン酸(ATP)を合成する細胞小器官です。
人間の身体はおよそ37兆個の細胞でできています。その一つの細胞の中に約100〜2000個ほど存在する為、身体全体で約3京は存在すると言われています。(は?って感じですよね)

ミトコンドリアの主な働きはエネルギー産生です。運動を行う時は筋肉の収縮によって多くのエネルギーが使われます。このエネルギーの大部分がミトコンドリアで作り出されるのです。ミトコンドリアは酸素を使って炭水化物を分解し、そのエネルギーを細胞内で使えるアデノシン三リン酸(ATP)に変えています。

ミトコンドリアにはこのエネルギー産生以外に、細胞の生死を制御する機能、細胞内のカルシウムイオン濃度の調節や、脂質の酸化などに関わる働きがあります。また、近年では免疫反応においても重要な働きをしていることが明らかになってきました。次は「ミトコンドリアをなぜ活性化させた方がいいのか」についてご紹介致します。

ミトコンドリアをなぜ活性化】
ミトコンドリアの活性は人間の健康に一助となるからです。
身体の中にある細胞で消費されるエネルギーの大部分はミトコンドリアで生産されるため、ミトコンドリアが活発に働く状態であれば細胞も生き生きと活動することができます。健康な細胞はミトコンドリアを最大限に使ってエネルギーを生産しています。

免疫面でいうと、私たちがさまざまな病原体の侵入によって生態を脅かされた時、発動される重要な生体防御システムです。ミトコンドリアはインフルエンザウイルスやノロウイルスなどといったRNA(リボ核酸)ウイルスに対する細胞内自然免疫応答と関係していることが近年の研究で明らかにされています。

大阪大学が中心となって行った研究では、ミトコンドリア上でミトコンドリア外膜にあるたんぱく質RNAウイルス感染に対する応答に関わることが明らかにされました。さらに、このミトコンドリア外膜にあるたんぱく質はウイルスに対する応答の調節までしているそうです。以上がミトコンドリアについての説明でした。

このブログでは、◯◯◯と健康をテーマに情報発信をしています。
健康維持やダイエットにご興味のある方は、参考にしてみてください。

以上、むーにーまんでした!!